経営労務診断

経営労務診断とは

企業の経営労務管理に関わる基本規定(就業規則・労働協約等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、社労士が原則として毎年1回、確認・診断を行います。
その結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、その結果を社労士の電子署名を付して、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営する 「サイバー法人台帳ROBINS」サイトに掲載するサービスです。



即ち第三者である社労士が経営労務診断をすることにより、企業の健全さをアピールできる仕組みです。公平な第三者が確認することにより、信頼性があがります。

経営労務診断の診断項目

経営労務診断サービスでは、企業の経営労務に関する状況を、評価基準とエビデンスに基づいて評価します。診断を行う項目は、基本事項と数値情報の2つがあります。

経営労務管理に関わる基本事項

分類 必須 項番 診断項目
1-1 法定帳簿 (1) 労働者名簿の調製・保管
(2) 賃金台帳の調製・保管
1-2 人事労務関連規程 (1) 就業規則の作成・届出
(2) 就業規則① 労働(勤務)条件関連の定め
(3) 就業規則② 賃金(給与)関連の定め
(4) 就業規則③ 育児・介護休業関連の定め
1-3 人事労務管理体制 (1) 労働時間管理
(2) 一般健康診断の実施(雇入時・定期・特定)
(3) ストレスチェック制度
(4) ハラスメント相談・対応体制
1-4 社会保険・労働保険 (1) 社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入
(2) 労働保険(労災保険・雇用保険)の加入
1-5 組織関連規程 (1) 組織図もしくは祖域規程
(2) 職務(業務)分掌規程
(3) 職務(業務)権限規程

経営労務診断に関わる数値事項

大項目 中項目 必須 小項目
2-1 従業員情報 (1)全従業員数 全体
男性
男性割合
女性
女性割合
(2)正規従業員数 全体
全従業員にしめる割合
男性
男性割合
女性
女性割合
(3)正規従業員の平均年齢 全体
男性
女性
(4)正規従業員の平均年収 全体
男性
女性
2-2 就業情報 (1)正規従業員の年間平均労働時間 全体
男性
女性
(2)正規従業員の平均勤続年数 全体
男性
女性
2-3 労務管理情報 (1)女性役員・管理職数 人数
全管理職・役員にしめる割合
(2)非正規従業員数 全体
全従業員にしめる割合
男性
男性割合
女性
女性割合
(3)正規従業員採用数 (直近3か年) 人数
正規従業員にしめる割合
(4)正規従業員離職者数 (直近3か年) 人数
正規従業員にしめる割合

アピール情報

基本事項と数値事項の他に企業のアピール情報をROBINSに記載することができます。「くるみん」などのマークを取得している場合はマークを記載することができます。