人材開発

活き活きとと働くために

 
  • 厚生労働省により「労働者の心の健康の保持増進のための指針」が策定されました。
    この指針に基づき、各事業場の実態に即した形で、メンタルヘル スケアの実施に積極的に取り組むことが望ましいとしています。会社はメンタルヘルスケアを積極的に推進するため、 衛生委員会等において十分調査審議を行い、「心の健康づくり計画」を策定 するとともに、その実施に当たっては、関係者に対する教育研修・情報提供 を行い、「4つのケア」を効果的に推進し、職場環境等の改善、メンタルヘルス不調への対応、職場復帰のための支援が円滑に行われるようにする必要 があります。
  • メンタルヘルスケアは、「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内 産業保健スタッフ等によるケア」及び「事業場外資源」によるケア」の「4つ 1 のケア」が継続的かつ計画的に行われることが重要である。 なお、事業者は、メンタルヘルスケア推進の実務を担当する事業場内メン タルヘルス推進担当者を選任するよう努めるものとしなければなりません。
  • 小規模事業場においては、事業者は、セルフケアラインによるケアを中心として、実施可能なところから着実に取組みを進めるとともに、地域産業 保健センター等の事業場外資源の提供する支援等を積極的に活用することが望ましいとされています。
  • 私達はこのセルフケア及びラインによるケアに関してのプログラムをご提供します。
   

ADR京都がご提供するプログラム


  • 業務の拡大をするには顧客満足度=CS(Customer Satisfaction)が必要ですが、そのためには自社の従業員満足度=ESEmployee Satisfaction)が高くなければなりません。また、ESを高めるのは動機づけ条件ですが、動機づけ条件を満たすには衛生条件も満たさなければなりません。衛生条件の一つに職業性ストレスがあります。
  • 働く人のESを高め、メンタルヘルスケアをするため、私たちは次のようなアセスメント及び研修にてお手伝いいたします。
プログラム 概要
ESサーベイ 従業員満足度と職業性ストレスの現状分析
企業の健康診断です!
メンタルヘルス(セルフケア) メンタルヘルスの基礎とストレスコーピング
コミュニケーションスキル(交流分析) 交流分析に基づいたコミュニケーションスキル
コミュニケーションスキル(DiSC) DiSC理論に基づいたコミュニケーションスキル
タイムマネジメント タイムマネジメントスキル
リーダー研修(ラインケアを含む) リーダーとして基本的に知っておくべき労務管理の
基礎知識・最近の労務管理の問題(パワハラ・セク
ハラ・メンタルヘルス)
・リーダーシップ論・コーチン
グスキルなど
キャリアカウンセリング キャリアを中心にカウンセリングを行います。目標
達成・課題解決が明確な場合はコーチングを実施
します。
ESサーベイ & ストレスチェック申込書

従業員サポートプログラム研修申込書

講師プロフィール



関西大学工学部応用化学課卒。大学卒業後システム会社に入社するがその夏に退職。学習塾講師として理科、数学を受け持つ。
29歳の時に社会保険労務士資格を取得。30歳の誕生日に社会保険労務士事務所を開業。10年目に産業カウンセラー、CDA(キャリアカウンセラー)、心理相談員などの資格を取得。以後、コミュニケーション、メンタルヘルス、労務管理を中心に講師業を再開。


取得資格
 
  • 特定社会保険労務士
  • 産業カウンセラー
  • CDA(キャリアカウンセラー)
  • 心理相談員
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 第二種情報技術処理者
  • システムアドミニストレーター
  • 宅地建物取引主任者
  • PADIマスター・スクーバ・ダイバー
講師・セミナー経験(敬称略)
 
  • 株式会社アーキエムズ
  • 浅田製作所株式会社
  • 石井食品関西株式会社(現、石井食品株式会社京丹波工場)
  • 株式会社井尻ハウビング
  • 株式会社オファー
  • 亀岡商工会議所青年部
  • 関西大学商学部(寄付講座)
  • 京都府社会保険労務士会
  • 京都中央税理士法人
  • 京都労働基準連合会
  • テイカ精密株式会社
  • 中西機械株式会社
  • 日本グリース株式会社
  • 株式会社日本マンパワー
  • パナソニック ラーニングシステムズ株式会社
  • ゆりかご保育園
  • その他