トップ

人を活かす経営のお手伝い

企業が永続的に発展していくためには、適正な利益を得なければなりません。そして、顧客満足を作り出し社会貢献を行うことをしなければその企業は社会に認められないでしょう。

この企業を支えるのが、ヒト=従業員であるわけです。従業員のモチベーションが低いのでは到底企業の永続的な発展など望めそうにありません。企業で働くヒトの満足度(ES)が低い状態では業績が上がるどころか、企業の存続が危ぶまれることになります。

ヒトを育てる企業を応援したい。それが私たちの願いです。

 

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)

エーディーアール社会保険労務士法人及びアプラス合同会社(Uplus LLC)は人に関するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング:Business Process Outsourcing)をご提供いたします。

BPOとは企業運営上の間接業務をアウトソーシング(外部委託)することです。少子高齢化時代の到来で企業は人材の確保は難しくなっていきます。
そのため企業は、BPOを利用することで中核業務(コアコンピタンス業務)に人材を配置することができます。

 

最新情報

マイナンバー

マイナンバー制度

  • 経営労務診断の診断項目
    経営労務診断サービスでは、企業の経営労務に関する状況を、評価基準とエビデンスに基づいて評価します。診断を行う項目は、基本事項と数値情報の2つがあります。 経営労務管理に関わる基本事項 分類 必須 項番 診断項目 1-1 ・・・ …
  • 社会保険労務士試験の合格発表がありました。合格率は4.4%。
    本日、社労士(社会保険労務士)試験の合格発表がありました。 受験者数は39,972人のうち合格者は1,770人で合格率は4.4%であったようです。 合格率は4.4%で前年合格率2.6%に上がったものの、合格率は低い感じを・・・ …
  • 大手飲食店が過重労働で書類送検
    2016年9月30日付けの新聞で、ファミリーレストラン「和食さと」や「すし半」などを営業するサトレストランシステムズ株式会社及び同社部長と店長4人を大阪労働局の過重労働撲滅特別対策班(かとく)が書類送検したことが報じられ・・・ …
  • お知らせ
    ADR京都(https://adr-kyoto.net)から経営労務診断に関するコンテンツを当サイト(https://adr.kyoto.jp)に移設作業を行っています。経営労務診断に関する情報を発信していきますので、よ・・・ …
  • 経営労務診断とは
    企業の経営労務管理に関わる基本規定(就業規則・労働協約等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、社労士が原則として毎年1回、確認・診断を行います。 その結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリア・・・ …

個別労働紛争解決・労災申請(審査請求)


  • SRP II 認証完了しました。
    社労士版PマークであるSRP IIの認証が完了しました。SRPからSRP IIになることで、個人情報法保護だけでなく特定個人情報保護にも対応していることの認証となりました。 SRP IIの認証には特定個人情報保護評価書(・・・ …
  • マイナンバーカード搾取で初逮捕だそうです。
    日経新聞電子版2016/8/30に記載されていましたが、マイナンバーカード搾取で初逮捕者が出たようです。 ====引用 親族をかたってマイナンバー制度の個人番号カードを不正入手したとして、埼玉県警熊谷署は29日、同県熊谷・・・ …
  • 公共施設利用、マイナンバーカードに一本化に(総務省)
    日経新聞電子版を見ていると、総務省は図書館などの公共施設利用にマイナンバーカードで一本化するとのことです。 ===引用 総務省は自治体が住民に発行する公共施設の利用カードをマイナンバーカードに一本化できるようにする。図書・・・ …
  • サイトの更新を行いました。2016/8/17
    今回の変更事項です。 企業概要のページで事務所外観の写真がリンク切れしていたのを修正しました 「特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針」を掲載しました 特定個人情報に関する「取り扱う事務の範囲および利用目的」を掲載・・・ …
  • 「かとく」って何? 長時間労働で大阪、京都の会社が書類送検
    平成27年8月27日の毎日新聞電子版に「大阪労働局と京都労働局は27日、外食チェーン「まいどおおきに食堂」「串家物語」などを全国展開する「フジオフードシステム」(大阪市)が大阪府と京都府の計17の直営店で従業員に違法な長・・・ …

サブコンテンツ

このページの先頭へ